株式会社ホリプロジェクト

SERVICE

建物調査・診断

建物調査・診断

新築後の建物は、経年によって汚れや不具合、劣化が現われてきます。建物を長期間維持させることを目的として建物調査・外観目視を中心に触診・打診調査を行うことで、大切な建物を長持ちさせ、なおかつ資産価値を上げることができる改修のご提案ができるようになります。

1. 外壁調査・診断

外壁のひび割れ・爆裂・欠損・浮き等の故障箇所を調査することで正確に把握し、故障状況により補修工法の選定をご提案できやすくなります。

1. 外壁調査・診断

目視、打診調査

1. 外壁調査・診断

ゴンドラ打診調査

2. 漏水調査・診断

防水層からの雨水浸入原因となり得る劣化による漏水箇所の特定の調査を行うことにより補修または改修のご提案ができるようになります。

赤外線サーモグラフィー調査前

赤外線サーモグラフィー
調査前

赤外線サーモグラフィー調査後

赤外線サーモグラフィー
調査後

3. 膜厚調査

改修工事後、塗料の保護性能がちゃんと発揮される適正な厚みであるかどうかを調査します。

平場部膜厚調査

平場部膜厚調査

立上り部膜厚調査

立上り部膜厚調査